クソヤロウ

なんで、私を無視したの?私はずっと話しかけて欲しかったのに。
ハンドグリップを盗んだり、スティックのりを盗んだり、写真を勝手に撮ったりしたのも全部君の気を引きたい一心だったのに。
君は気づいていたよね?私を嘲笑っていたの?少しは気にかけてくれていたの?
三年になって、君はクラスで孤立してたよね。私はそんな君を軽蔑します。
孤立して、自信をなくしたからかな?君はどんどん暗く、攻撃的になったよね。
見ててウザかった。あんまりウザいからユーミンのまちぶせをこれみよがしに歌ったりした。
「好きだったのよあなた、胸の奥でずっと」ってね。
ホント、ウザかった。存在自体がウザかった。
私がどれだけあなたに傷つけられたかわかる?いくら謝られても許さない。
卒業してから一度も会ってないけど、会っても無視してやる。
Kという存在自体を私は認めない。
卒業式の時。何が「あいつとの恋愛ごっこも終わりだ」よ。知ってるんだよ?
君が私に惚れてたこと。
体育祭の打ち上げの後、知り合いから聞いたんだから。
両想いだったのにね、君がもっと勇気がある人間なら
みんな幸せになれたのに。
君が臆病で、卑屈でつまんない詐欺師みたいなヤツだから、
君をからかってただけのクラスメイトはイジメをしたことにされ、
君からの嫌がらせを受けた私は先生に守ってもらえなかった。
私、辛かったよ。落ちぶれる君を見るのも、学校に行くのも辛かった。
君はわかってたのに助けてくれなかったよね。それが一番辛かった。

もう、私は違う人と結婚するけれど、君のことは忘れないよ。
あの仕打ち、一生覚えててやるから。
お前なんか幸せになれない。死ねばいいんだ、クソヤロウ。

(大阪府柏原市 アパレル業 mixiネーム:もめん豆腐ことイシイユウコ 27歳)