【痴漢】入院中、看護婦さんのおっぱいを堪能した

去年の夏、くそ暑い日の野外イベントに参加して熱中症になり救急搬送された。
脱水が悪化して急性腎不全になった。

入院してから1週間くらいは身動き取れないほどに衰弱してて、ほとんど記憶にない。
少しずつ動けるようになり、看護師と会話とかもするようになった。
身体の衰弱も酷かったが、脱水から身体中の関節が痛くて、特に肩がかなり痛かった。
看護師が回診に来る際に少しだけ肩をマッサージしてもらってた。

その日も回診に来た看護師に肩を揉んでもらってたんだが、その時にエロ話に繋がる出来事が起きた。

その日の担当看護師は一番仲の良かった巨乳看護師のKさんだった。
Kは少し欧米風の顔立ちのややぽっちゃりした巨乳で、性格はおっとりタイプだった。

その日もとにかく肩が痛くて堪らなかったのでマッサージしてもらってた。
あまり揉んでもらってても効果がないような感じだったんで、腕を上にあげてもらったり回してもらったりしてた。
なんか腕を引っ張ってもらったら楽になりそうな感じだったので、腕を引っ張ってもらうようお願いした。
最初は手首を持って引っ張っていたが、Kはやりにくかったのか、俺の腕を脇に抱えて綱引きするような感じで引っ張ってくれた。
当然、オッパイが腕にばっちり押し付けられた。
悪夢の入院で精神的にも参ってる時の久々のオッパイの感触だったんで堪らなく興奮した。
Kのオッパイは見た目通りのボリューム感で凄く柔らかかった。

オッパイの感触を1分ほど味わったところで、他の患者の回診もあったためマッサージは終わった。
感触の余韻を楽しんでいる時に俺はふと気が付いた。
この方法は使える!と。

退屈な入院生活はオッパイ1つでパラダイスになった。
とにかく仲の良い看護師はもちろん、あんまり打ち解けてない看護師とも積極的に会話してみんなにマッサージしてもらおう。
みんなのオッパイの感触を楽しもう。
そんな大きな目標が出来た。

俺が入院してた階には40人くらい看護師がいた。
そのうちの15人くらいが昼勤と夜勤のローテで担当になってた。
その中にかなりの美人看護師が2人いたので、その2人のオッパイは何が何でも感触を味わってやると気合いが入った。

その美人看護師2人のうちの1人、Iが担当になった時に作戦を決行した。
血圧を測る際に腕を差し出すんだが、肩が超痛いふりをして、「腕が差し出せないくらいに痛いから引っ張ってくれ」と頼んだ。
Iは何の疑いもなく肘の辺りを握って引っ張ってくれた。

んでもって、「あまり効かないから、もっと体重かけて思い切り引っ張ってくれ」と頼んだら、作戦通り、腕を抱え込んで綱引きスタイルで引っ張ってくれた。
もちろんオッパイの感触は充分に味わった。

Iのオッパイは細身な身体にありがちな硬めのものではなく、小ぶりながらもプニュプニュした感触のオッパイだった。
Iは藤本美貴似の美人で凄く明るい活発な娘だったが、残念ながら担当になることがほとんどなかったため、感触を味わったのはその1回きりだった。

もう1人の美人看護師のFは結構担当になることが多かった。
Fは小柄で凄くスリムな眼鏡美人で、はにかむ感じが可愛い娘だった。
ただ真面目で淡々とした感じなので、打ち解けて肩揉みしてもらえるようになるには時間がかかりそうで長期戦だった。
結局、肩が痛い作戦を決行出来るくらいに打ち解けてたのは退院間近くらいの頃だった。

Fのオッパイは小柄スリムな体型通りに超微乳で、正直ナース服の上から肘で触る感触ではほとんどオッパイ感は伝わってこなかった。
しかし、Fの回診では1つ楽しみがあった。
スリムな体型だったために、ベッドから仕事中の姿を見ると、ナース服の袖口から脇下が丸見えになってた。
清楚な顔立ちとは裏腹にFはワキ毛が凄く濃くて、剃り跡が髭を剃った男のアゴみたいな青さだった。
そのギャップは相当な興奮を誘った。

最終的にオッパイ作戦を成功させた看護師は9人になった。
内訳は、K、I、F、Eの4人と、40代と50代のオバチャン看護師。
あと30代が1人と、特に特徴のない20代が2人の計9人。

感触ナンバーワンは、意外にも40代の看護師だった。
柔らかさ、張り具合、質感、どれをとっても完璧だった。
ナース服の上からなのにTシャツノーブラみたいな感触だった。

そして入院中の最大の出来事になったのは同伴シャワー室での出来事。
入院生活も1ヶ月近くになろうとしてた頃、ある問題があった。
結構な重病だったためにずっと風呂に入ってなかった。
毎日オシボリで身体は拭いていたが、頭をどうしても洗いたかったので、看護師に風呂に入れないか聞いてみた。
医師の答えは、重度の脱水からの病気なので風呂はダメだが、ぬるいシャワーを看護師の監視付きでならOKということだった。

その日の担当だったKに監視してもらってシャワーを浴びることになった。
2人きりでのシャワー室はさすがにムラムラ感を覚えた。
とりあえず全裸になってシャワー室内の椅子に座ってシャワーを始めた。
Kはスライドドアを挟んだ脱衣スペースで監視してた。

せっかくのシチュエーションが勿体無いので、「肩が上がらないから背中を流して欲しい」と頼んだ。

Kはシャワー室に入ってきた。

冗談まじりに、「ナース服を着たままじゃ濡れるから脱いだら」と言ってみたら苦笑いでスルーされた。
しかしムラムラ全開の自分は冗談まじりからお願いモードに入った。

「せっかく仲良くなったんだし、冗談抜きで本気でKさんの身体が見たいんです」

半分開き直ってお願いした。
Kは困った表情だったが全く拒否することもなかった。
結局、Kは自分の熱意に観念して、「絶対に触らない」という条件付きでオッパイを見せてくれることになった。
ナース服を脱いで、黒のキャミソールを脱いで、ピンクのブラジャーから溢れんばかりの巨乳を見た時は、生きてて良かった感に包まれた。

そしてブラジャーを外して、真っ白な巨乳が姿を現した。
Kのオッパイは表面積も体積も大きい割に乳輪や乳首は小さく、色も薄いベージュ色でかなりのグッドルックスなオッパイだった。
触りたい衝動に駆られたが、約束を破るとこれまでの関係が水の泡になるので必死に堪えた。
1分ほど観賞したところで、「次の仕事があるからおしまい」って言われてシャワーは終了した。

脱衣スペースで身体を拭くとき、自分のチンポはビンビンだった。
あまりに興奮していたんで隠すのを忘れていた。
Kはビンビンのチンポに気付いて何やら少し笑っているような感じだった。
Kはオッパイ、俺はビンビンチンポを晒したことで、かなり打ち解けた。

その2日後くらいにまたKが担当になった。
またシャワーを使えないかお願いしたらあっさりOKだった。
そしてまたK同伴でシャワーすることに。
流れ的には前回と同じで、再度オッパイを見たいとお願いしたら今度はあっさりOKしてくれた。

その日は白のブラジャーだった。
相変わらず見事なオッパイを観賞しながら、次のステップであるオッパイ揉みを達成したくてKにお願いした。

「絶対にそれ以上のことはしないから触らせて欲しい」

お願いモードで頼むと、「触るだけなら」という許しが出た。

Kのオッパイは見た目通りに非常に柔らかい揉みごたえのある感触だった。
自分は感触を思う存分味わった。
正面から揉んでいる時につい魔が差して乳首に軽くキスしてしまった。
ヤバいかなと思ったが全く抵抗がなかったので、そのまま乳首舐めに入った。
興奮は絶頂になり、自分は舌技の限りを尽くして乳首を舐めまくった。
当然のごとくマンコ攻撃に突入したい衝動に駆られたが、一線を越えると今までの信頼関係が一気に崩壊するのが怖かったので思い留まった。
その日は乳首舐めまでクリアして終了した。

乳首舐めまでクリアしたこともあり、かなり仲良しになった。
Kは担当の日はもちろん、非担当の日も必ず日に何回か自分のベッドを訪れて、その度に自分はオッパイを味わった。
自然にディープキスも普通にする間柄になった。
ただ、マンコだけは退院後の楽しみにと心に誓っていたので、そこだけは断固触れなかった。
たぶんそれで信頼感と安心感を持たせた結果、毎日のオッパイサービスに繋がったんだと思う。

そして楽しい入院生活が終わり退院日を迎えた。
お世話になった方々、肩が痛い作戦でオッパイの感触を味わわせてくれた沢山の看護師に感謝しながら病院を後にした。

Kとは退院後にも関係が続いた。