【Hな体験】オーストラリアで出会った巨乳のエロ娘

俺がオーストラリアを一人旅行をしてた時、同じような旅人が泊まる素泊まりの相部屋ホテルがあって、そこには各国の人がいて、日本人の女の子と仲良くなった。
俺は特に次の予定も決めてなかったから連泊した。


3日目くらい経った日にその子と酒を買ってきて、団らんルームみたいなとこで飲みながらお互いの話で盛り上がった。
ノリのいい子で何でも話す。
そのうちにセックスの話になり、酒も手伝って話が盛り上がる。

時刻は0時を過ぎてたので俺たち2人しかその部屋にはいない。
何となく冗談で、「なかなか巨乳だよね。ちょっと触らせてよ」って言ったらすんなりOK。
最初は服の上からだけだったけど、もちろんエスカレート。
推定Eはある見事な乳。
ついにはブラも外して生揉み。

しばらく揉んでたら、その子、さすがに息が少し荒くなってきたんだよね。
で、俺もだんだんと激しく揉んだり乳首刺激してたら、今度は何とその子の右手が俺の股間に。
意外と積極的でビックリしたけど、ズボンの上から擦ってくる。
しかも痛くない程度に上手に擦ってるし。

調子に乗った俺は片手はオッパイを揉みつつ、もう一方の手をだんだんと背中やお腹、腰周りといったように針路は南へ。
ここでも全く抵抗はなかった。
そしてジャージだったので、ズボンの中に手を入れパンツの上からお尻を撫でようとした。
その時、さすがにちょっとって手を止められた。
そこで俺が引き下がるわけはない。

「ちょっと恥ずかしかった?じゃあ俺が先に、恥ずかしくなるから」

そう言って自分からズボンを下げたら当然もうギンギンに勃起してる。

それを見たその子は、「すごいね。もうカチカチだし」とか言ってパンツの上からまた触りだした。
俺はまたおっぱいと体や背中とかを触りながら様子見してた。
そしたら、「ねぇ、直接触ってもいい?」と言ってきた。
さすがにその子もムラムラしだしたんだろうな。
勢いよくパンツを下げ、我慢汁でベトベトになった俺のチンポを目の当たりに。
どうするかなと思ったら、親指で我慢汁使って亀頭や周りをグリグリと、ちょっと強めで気持ちよかったんだな、これが。

そうこうさせてるうちに自然とフェラチオへ。
さすがだね。
いきなり咥えると思ったらまずは玉から攻撃してきた。
舌先でくすぐるように舐めてきたり、袋を口の中に吸い込んだりとかなり上手かった。
それから裏筋を舌で這わせながら亀頭まで到着。
尿道口周辺を舐め回したり吸ったりしながらしばらく俺を責めていたんだが、そしたらいきなり根元までパックリ。
俺は小さくはないんだが見事に根元まで咥え込んだ。
それから舌を上手に使いながら先まで戻ってはまた根元までいってはと、まさにディープスロート。
とんでもなく気持ちよかった。

さすがにそろそろいいだろうと思って、一度口を離させて攻守交替。
今度は一気にパンツの中のおまんこへ。
もちろんもう抵抗はしない。
むしろ自分から腰を浮かせて、俺が触りやすく脱がせやすくしてきた。
おまんこは当然もうグチョグチョ。
信じられないくらい濡れてて超興奮。

最初は優しくワレメやクリ周辺を愛撫。
どうもイマイチの反応のような感じ。
ちょっと強めにしてみたら、やはり正解。
激しいのが好きらしい。
もうこうなればとクリを強く擦ったり指で押したり弾いたりとしてると、さらに愛液が溢れ出す。
当然もうパンツはおろかジャージまで染みてくる始末。

そうこうしてたら、「もう我慢できないから指入れて」と言うから、一気に2本の指をおまんこに挿入。
入れた瞬間体が反り、「あんんっ」といった感じの喘ぎ声。
もうここがどこかも半分忘れてるような状態で、大きな声が響いた。
さすがにイカンと思い、声を抑えるよう言ったら・・・。

「無理だよー、我慢出来ない」

「じゃあ声が出にくいようにしよ」

そう言うと、俺の太ももに頭を乗せる感じでフェラしてきた。
その子は俺にお腹を見せるような姿勢で横たわり、俺の右手は再びおまんこの中へ。
もう濡れてるとかいう次元じゃなかった。
指を2本入れて中を掻き回してみても凄い濡れ方。
ここまで来たら潮を吹かせようと、さらに攻撃的に指を動かす。
その子は声が漏れないよう必死で我慢しながらも一生懸命しゃぶる。
もう俺もその子も収まりがつかない。

指を動かすこと数分、急にその子の動きが一層激しくなり、「ダメ。イッちゃう!出ちゃいそう!」と言い出した。

当然止める訳がない。
そして直後・・・見事な量の潮がおまんこから溢れ出す。
AVみたいに、まさに噴水のよう。
潮は辺り一面に飛び散る。
もちろん俺にも大量に掛かっていた。
それでまた興奮度が上がる。
ひとしきり潮を吹き終わり、俺は手を止めた。
その子はぐったりしたまま口を開いて呟く。

「ちょっと気持ち良すぎだよ。こんな気持ちよかったの初めてだし、こんな大量に潮吹いたのも初めて。凄すぎだし上手すぎ」

ちょっと休憩するかと思いきや、「さっきは私もされてて集中出来なかったから、今度はしっかり気持ちよくしてあげるね」と言って再びフェラされた。
テクニックも音も一級品。
ホントに上手だった。
強弱もつけたり色んなとこ責めてきたりと俺は大満足。

あまりに気持ちいいんで、「ちょっとヤバい」って言うと、「絶対出しちゃダメ。まだ入れてもらってないし」なんて言い出して、俺をソファーに寝かせて、自ら騎乗位してきた。
ここでもすぐに入れるわけではなく、しばらく俺の亀頭を自分のクリトリスに擦り付けて喘ぐ。
下から見上げるその光景はまさに絶景でたまらんかった。

そうこうしてるうちに、「もう入れちゃうから」って言って、ゆっくりだが一気に奥まで入れる。
これがまた見事なまでのおまんこ。
中はもちろんヌルヌルだが、締まりと言うか、チンポに見事に絡んでくる。
ヤンキー座りのような格好で俺に跨がってる。
その子は自分の両膝をそれぞれの手で支え、体を浮かせたり沈ませたり、ゆっくり動き、入れる時は奥深くまでしっかりと入れて快感を味わっていた。

それから徐々に動きは激しくなる。
最初は上下ピストンだったのが、今度はそのまま正座のような格好になり、腰から下を前後に振って擦り付けてきた。
もうこの辺りで俺はかなり限界に近かったんだが、必死に我慢。
そんな事とは知らずにその子は激しく腰を振る。
その動きに合わせて、踊ってるかのように巨乳も揺れる。
俺はその巨乳を鷲掴みにしたり、乳首を摘んだりとその子を責める。
体位を替えて正常位へ。
もちろん入れ直す前に亀頭でクリをまた擦る。
そして挿入してピストンして、もう俺も限界。
でも、もう一度イカせたかったので、入れながらクリを強く刺激した。
その子はもう半分おかしくなってる状態。
おまんこから溢れる愛液はあまりに多すぎて、アナルまで垂れ、ソファーにもべっとり。
その子もそろそろイキそうな頃になってきたし、俺もまさに限界に近い。
それでもがむしゃらに責める。

「もうイキそう」

「俺も、もう我慢出来ん。どこに出そう?」

「口に出して」

そしてその子が、「あ、イク、イク」と言いながら体がピクピクと痙攣しだしたタイミングと同時に俺もチンポを抜き、その子の口へ。
全身震えながら、もの凄い量の精子を口の中に勢いよく射精。
その子は発射が落ち着くまでしばらくそのまま受けてくれて、一段落した頃に右手でチンポを根元から掴み、何回も絞り出してくれた。
ひとりしきり出し終わると、丁寧に掃除までしてくれた。

落ち着きを取り戻した俺達は、今まさに終わったばかりのセックスの話題へ。
お互い大満足のセックスだった。
その後、その日は少しだけ会話をし、お互いの部屋へ戻って眠りに就いた。

翌朝、遅めに目が覚め、例のソファーへ行くと昨日の痕跡と思われるシミがあり、また思い出す。
俺はインスタントコーヒーを作り、外のベンチで一服。
昨日の情事が走馬灯のように頭を駆け回る。
しばらくするとポンと後ろから背中を叩かれて、振り返るとその子だった。
同じような返事を返し、その子はベンチで俺の隣へ。
昨日の話題には軽く触れる程度で、お互い今後の旅の予定を話す。
その子もそうだが、俺も特に予定はなかった。
ぶらり旅だから当然だった。
結局その日は2人で街へ出掛けランチや買い物を楽しんだ。
ちなみに、その後その子とは2週間ほど旅を共にし、体の関係も続いた。

日本に戻ってきてからも何回か会った。
お互い住んでるとこが遠いので年に1回程度だったけど。
今となってはメール程度。
俺もその子も家庭を持ったので、お互い結婚してからは一度だけ会ったくらいかな。