クセになる味 続き③:パラダイス

俺はまず、さとみから責める事にして、とりあえず良子を母親の元へやりました。
さとみは少しうろたえた感じでしたが、そんな事も許さず愛撫を開始しました。
まずは乳首を軽く舌で舐め反応を見てみると、さっきとは違い意外に切なそうな顔をしています。
目は閉じ、口もギュッと閉じていましたが、頬は赤く染まり、何か自分のツボを探しているような感じ(表現が品祖ですんません)
で、時より『んっ』って感じている声も出てきました。
俺は我慢できず、下の方へ手を伸ばしました。
さとみは触るのを少し拒みましたが、母親の顔をちらっと見て、足を開け体を預けてきました。
それでクリトリスを中心にさわり、時よりマンコの方へ指を移動させていると、軽くですが濡れてるのが分かりました。
それではと思い、少女の割れ目を舐めてみる事にしたんです。
さとみを洋式便器に座らせ、クンニ開始…
その時悪臭が…
少女でしかも風呂に入ってなかったのか、かなり臭かった。
仕方無いので、少女を再び便器に座らせウォシュレットで洗浄してみる事にしました。
その間もさとみは、敏感になったクリトリスに水が当たる度に切なそうな声を出していました。
洗い終わり、乱暴にトイレットペーパーを取り拭きました。それでも不安だったので、水道の水で最度洗い、再びクンニ開始!
今度は臭いもなく舐める事が出来、毛のない割れ目に合わせて舌を前後させてみました。小学校4年生の割れ目に舌を這わせていると考えただけでも興奮ものですが、切なそうな声を時よりあげるさとみが可愛くて仕方ありませんでした。
俺はおもむろに自分のズボンのチャックを下ろし、パンツの中からチンチンを出しました。
それを見た母親は危険を察したのか、俺の方に歩いて来て、それだけは勘弁して欲しいとせがんで来ました。
俺としては最後までするつもりは無く、自分でしごいて出して終わりにするつもりでした。
でも母親のそんな行動に逆に火が付き、
『じゃ?お母さん、あなたにしゃぶってもらいましょうか?』
と、告げました。
母親は再び鬼畜を見る様にコチラを見ると、諦めた様にチンチンに手を伸ばして来ました。
軽く2?3回しごくと、子供達が見てい前で舌をからめてきました。
少女に見つめられながら男性のチンチンを舐める姿は凄かった。スグにでもいきそうでしたが、『ダメだ!下手だよ奥さん!』と告げ… (続く)
ホンマ長文すんません