Y佳菜とS店長、その後

その後、自分はこっちに人が来ないかビクビクしながら隠れていました。
時間にして10分くらいでしょうか、Y佳菜は動けなくなっているよう
で、S店長とGが会話をしていました。

G「マジでこのコたまんないね」
S店長「いいでしょ?フェラうまいっしょ?」

S店長とY佳菜の関係が想像出来てきました。2人の会話はあまり大き
な声では無かったのでこれ以上は聞こえませんでした。
時間は12時前、さすがにもう何もないだろうと動き出すのを待ってい
ました。

G「こっちの部屋何なの?」
Y佳菜「あーダメ、そっちは開けないで」

Y佳菜が起きたのか、ベットルームに入るのを防ぎます。

S店長「そっちは入れてくれないんだって、彼氏と寝る部屋だからダメなんだって」
G「えーいいじゃん、そんなこと言われるとそっちでヤリたくなるなー」
Y佳菜「ダメ、絶対ダメ」
G「残念だなぁ、じゃあもう一回フェラして、Sさん時間いいんだよね?」
S店長「Y佳菜いいんでしょ?」
Y佳菜「うん、いいよ」

そういうとソファーに座ったGの前に顔を近づけフェラを始めました。S店長はY
佳菜の背後に回り、マンコを弄っているようでした。

Y佳菜「あんッ、気持ちいぃ」

そう言いながらチュパチュパといやらしい音を立ててフェラもしているようでした。
数分してGの上にY佳菜が跨いでいるのが見えました。

Y佳菜「あッ、あああああーん、やっぱりすごい、気持ちいいよぉ」

大きな声と共にギシッギシッと揺れる音が聞こえてきました。Y佳菜はGとも濃厚
なディープキスをしながらすごいッ気持ちいぃを連発していました。
しばらくするとGはY佳菜を抱えたまま立ち上がります。駅弁です。

Y佳菜「あああああーん、すごいよ、気持ちいぃ、ハアッハアッ」
G「どう?Y佳菜ちゃん、こんなの彼氏してくれないでしょ?」
Y佳菜「ああ?、ないよ、ないッ、ハアッハアッ」

Gは抱えたまま寝室に移動しようしました。

Y佳菜「ダメッ、ダメッ、やめて、S店長何とか言って」
G「ベットが嫌ならもうやめるよ、それでもいいなら行かない」
S店長「だってさ、Y佳菜どうするの?」

この間も駅弁のままGは大きく上下にY佳菜動かしています。

Y佳菜「ハアッハアッ、ダメ、そっちはやめて、お願い」
G「じゃあもうやめていいのね」
Y佳菜「やめるのもイヤ、お願い許して」
G「あーじゃあ終わりだ、本当にいいのね」

Gのピストンはますます激しくなります。

Y佳菜「あ?ん、気持ちいぃよぉ、もうダメ、好きにして」

その声が聞こえた後、GはY佳菜を抱えたまま寝室に消えて行きました。
ここからは姿は全く見えず、Y佳菜の喘ぎ声のみがはっきり聞こえていました。

Y佳菜「あ?ん、おかしくなっちゃう、Gさんのおっきいよ」
G「ベットはダメじゃなかったのか?もう忘れたのか?」
Y佳菜「いやぁ、だって気持ちいいんだもん、我慢出来ない」

S店長も寝室に入って行くのが見えました。

S店長「初めて見たよー、Y佳菜がこのベットで喘いでるとこ」
   「○○に対して最低限守るんじゃなかったっけ?」

この時、S店長が自分達が付き合っているのを知りながらヤッて
いることを知りました。
Y佳菜はもう耳に入っていないようでした。

Y佳菜「あ?ん、すごいよッ、あんッ、あんッ、ハアッハアッ」
   「気持ちいぃ、気持ちいぃ、もっと、もっと」
   「イクッイクッまたイッちゃう」

それから50分くらいでしょうか、声から想像するに2人に交代で
入れられ、時には咥えながら入れられ、Y佳菜はずっと喘ぎっぱな
しでした。

しばらくすると男2人がリビングに戻ってきそうだったので、慌て
て部屋の外に出ました。

以上でこの日の出来事は終わりです。

続きはまたあとで。