うわさ話

僕の街は、企業と農家が半々の田舎街です。
両親は共に、会社勤めの家庭です。
先週、僕の母が勤める会社でこの春、母に想いを寄せる若い男性社員が本社
に転勤となり送迎会の夜、母に思いを遂げさせて貰ったと言う噂を聞いた。
僕の家にも、2?3回遊びに来た男性でした。
昨日食後、父の帰宅前、僕はリビングのソファーに座りTVを見ていた。
母は僕の斜め前で、床に座りTVを見ながら洗濯物をたたんでいました。
ユッタリめのタンクトップの横から、青い静脈の浮いた真っ白い巨乳がはみ
出ていた。
離れた所の洗濯物を取るのに、背中を反らせて尻を上に向け、四つん這いで
手を伸ばすポーズが、超エロで「このポーズで、尻を抱かせたのか?」と、
思うと怒りが爆発して、「○○さんって居たよなぁ?」と聞くと、「え??
本社に転勤したわ」と答えた。「お袋の事が忘れられないみたいだ!」と言
うと、急に黙り込んだので、”噂は間違い無い!”と確信した。
「お袋の体が、忘れられないそうだよぉ?!」と言うと、顔が凍り付いた。
聞いた噂通り、「向こうで若い女を何人か抱いたそうだけど、お袋の超濃厚
SEXが忘れられなくて、毎日、お袋の体を思い出して、オナニーしてるそ
うだよぉ!!!」と言ってやった。
「うるさいっ!!」と叫んで、母は部屋を出て行った。
少しして、様子を見に行くと、キッチンで嗚咽していた。
僕や父を騙し、若い男性の思いのこもった、激しいSEXを楽しんだ事に
99%怒りを感じるが、ばらされ、裏切られて悲しむ姿に1%可愛そうと思う。