かわいくないけど友人の彼女という背徳感に興奮してしまった

たいした話しでもないが俺の経験だ。
俺がまだ学生の頃、友人というよりは知り合いの彼女とやったのよ。
友人はあきらかに俺よりぶさいくで、彼女は乙葉を20発殴った感じだった。
お似合いカップルは当時女いない俺に友達を紹介してくれた。
あきらかに彼女より劣る豚を連れてきた知り合いに軽くむかついてしまったのだ。
まあ、そんな飲み会が盛り上がる訳もなく他愛ない話をして終了する訳だが、
その会の中盤、トイレ前で知り合いの彼女Hとすれ違った時に冗談ぽく確信犯的に
「Hさんのがいいな」
とさらっと言ったのが始まりだった。

でその飲み会後半はHがなんとなく俺を意識してるのが分かった。断っておくが俺がイケメンて訳ではなく、知り合いよりはましって程度だ。
んで知り合い(面倒だからN)が席を外した隙に机の下の足をつついてみた。
Hは照れ笑いしただけだった、こいつは落とせるなと思った瞬間だったな。

まあでもその時はそれで終わり、後日Nと宅飲みして酔わせて潰し携帯からHの番号を盗むと白々しく電話した。
俺の家で潰れてるからと迎えに来させた。
潰れたNをHの車まで運びながら「朝まで飲む約束だったのに飲み足りない」と呟くと「私お酒強くないけどN送ったら付き合おうか?」ときた。
乙葉20発殴った面とは言え、知り合いの女と二人で飲むシチュエーションと背徳感に燃えた俺は「よければ来てね、まぁ一人で飲んでるよ」と告げ部屋に戻った。

んで急いでちらかし放題の部屋を片付けてHの来るのを待ってた。一時間しないうちにNを送り届けたHが本当に訪れてきた。
「あら、百君の部屋意外とさっぱりね」
そりゃそうだ、こっちは下心満載だ。んで最初はさりげない会話しながら徐々に距離を詰めてみた。
Hはださいトレーナーにジーンズと褒める要素もないし、酒もちびちびで酔わせるのも不可能だった。
「こないださぁ、私のがいいって冗談言うから困ったよ^^;」
当然だ、30点と55点なら55点のがいいに決まってる。
「いやぁ、Hさんのがタイプっつうか」
「ちよっとぉ、私Nの彼女なんですけどぉ」
知ってるつーの、でなきゃお前など抱きたくもない、ただ背徳心に興奮してるだけだつーの。

そして、どうせNと縁切れてもたいして問題は無い事と酔ってる事もあり
「Hさんってえろい?女ってえろい話あんまりしないようで、女同士だとするんだよね?」
無理矢理えろ系に持ち込んでみた。Hは困惑しながらも笑っているので思い切って隣に座ってみた、抵抗はない。
「俺も女いたらこうやって酒飲めるのにな~」
白々しく呟いてHの顔を覗くと酒も手伝ってかちょっと哀れむような目で俺を見てきた。
1cm/秒くらいのスピードで顔を近づけキスしようとした、すると…ドラマでよくある様な感じで寸前で顔を背けるH
(おぃぉぃ、それは可愛い子の仕草だって)
しかし拒否られると燃えるもので、Hの顎を掴むと強引にキスをした。
「ん……」
その後Hが呟く
「私たちいけない事してるね…」
カチーン!それは可愛い子の台詞だ

こんなのは誰でも使う技だろうがHの右側に座って左手でHの左手を掴み、脇腹で体を密着させてHの右手の自由を奪うとキスしながら胸を揉んでみた

Hの胸はでかくは無いのだがトレーナーの上からでも弾力はすごく感じた。柔らかいと言うよりは固めだな。
多少の抵抗もあったがトレーナーを脱がすとお世辞にも勝負下着とは思えないブラだったが、その普通さ・今日こうなる事を予測してなかったHの抜けてる部分がおかしかった。
半ば強引にお腹の辺までブラを引き下げると、直径2cmくらいの乳輪で、色はピンクではないが濃くもない薄い紅色の乳首が登場した。
殴られまくった乙葉でも体はいけるってタイプだな。

男として、胸という山を攻略してマムコという洞窟の攻略を試みない戦士はいないだろう、当然俺も挑戦した。

まだ抵抗感のあるHに覆い被さるとジーンズを脱がしにかかると、ばたついたHの膝が俺の頬を直撃した。
「いって……」
「あ、ごめん大丈夫?」
おかしな事に先程までの状況を忘れ、素で会話してた。
「素直に脱がさせてくれたら良いのに、頬超いてー」
「私だって抵抗するって」
ちょっとくすくす笑いあってHを見ると、真顔で心配してくれてた。
思わずキスしてまじまじとHを見つめた。
20発殴られた乙葉に見えてたのに、急に5発殴られた乙葉に見えてきたんだな。

俺は素直に言ってみた
「H、俺お前とやりたいよ」
「………」
Hは無言だったが笑ってた。んでキスして電気を消すともう抵抗は無かった。

Hは特別にしまりが良いとか声を出すとかも無い、いわゆるマグロなのだが、事の最中にキスを求めてくるとこが可愛くて、Nともこんな風にしてるのかと思うと嫉妬してしまった。

Hが部屋に来たのが夜11時頃、事が始まりだしたのが深夜2時頃、まだ若かった俺は結局窓の外が明るくなるまで何度もHを求めた。
休憩中に何度もNと別れて俺の彼女になってくれと頼んだが、Hの答えは否ばかりだった

そのNに対する気持ち(?)に嫉妬してまたHを抱くの繰り返しだった。

んで、朝Hが帰るときに今回の事は無かった事にしようと言われてしまった。
ついうなだれてしまって気付いた…いつのまにかHのドラマチックワールドに引きずり込まれて俺までドラマしとるじゃないかorz

背徳への興奮なんて本当になくなってHに惚れたんだな俺。

まあ、その後Nに対しては気まずい気持ちと嫉妬がまじりながら友人付き合いしたが今では疎遠になっちまったな。
HはNと別れて卒業後は地元に帰った。

友人の彼女に手を出した事はあれっきりで後悔なのか懺悔なのか自分の気持ちは未だにわからねー。