ショットガン・ウェディング

    
    
   
もしかしたら、なにか欧米のキリスト教系の国々における?未成年同士の恋愛とセックスと妊娠についての、人々の一般的な考え方に対してなにか誤解があるのではないでしょうか。?ほとんどのキリスト教を国民の心のよりどころにしている?ヨーロッパやアメリカの大半の国においては、未成年セックスと妊娠って、それは即・結婚ですよ。?欧米社会において、経口避妊薬はあくまで生理までの日数を安定させることが目的であって、まずほとんどの女性は決して避妊するために飲んでるってワケではありません。?またほとんどのティーンが、経口避妊薬を飲む最大の目的は?アンケートでもはっきり出てるのですがニキビ対策のためです。?それこそ避妊薬だと気がついてない子もいるようです。?日本では考えられないことかも知れませんが、ほとんどの国でもし未成年者が妊娠したら、彼女の父親が彼氏をつれて裁判所に行って、結婚命令書を発行してもらいます。?国や州によって法律で年齢の違いはありますが、だいたい18歳が成人年齢だとすると、基本的にセックスしていい年齢も18歳でまた結婚できる年齢も18歳となっていますが、もし妊娠したらばまず14歳以上であれば、ほぼ強制的に結婚させられます。?もし彼女が14歳未満の場合でもまず12歳くらいの年齢であるなら彼氏の将来の結婚確約宣言書をつけたかたちで事実婚の強制命令が出されることになります。?そしてふたりには、その日から一人前の正式夫婦として、成人と同じ権利と義務が課せられることになります。?日本では、よく「できちゃった婚」といいますが、同じ言葉を英語に直すと「ショットガン・ウェディング」といいます。?彼女のお父さんが、彼氏の背中に銃をつきつけて裁判所に行って判事の前で、彼氏が彼女との結婚と子の認知を宣言をするワケです。?だいたい欧米の女性は、避妊薬を飲んでいても妊娠するときはすると考えていて、妊娠がそのまま結婚だと思っています。?また、彼氏と彼女の関係になる、ということは、日本では単に恋人という意味で「カップル」という言葉を使いますが、欧米においてはカップルとは夫婦であることと同義です。?単に教会で結婚式をあげていれば「結婚」ですが、そうでなくても極端な話が、たとえ幼稚園児であってもイベント等には男女ふたりで行かなくてはいけないという強迫観念のようなものが存在していていっしょにお祭りや学校行事のイベントに参加する男女ふたりはどんなに幼くても夫婦と同じように周囲の大人も、紳士淑女カップルとして扱うように社会の約束として成り立っています。?だから彼氏とのセックスで妊娠することは彼女にとってはつまりその男性の妻となり母となるコトと同じ、って考え方なんです。?当然に妊娠中絶しようという考え方はほとんどありませんし生まれた子をどこかに預けてしまおうとも思いません。?妊娠しながら通える学校に転校して、また赤ちゃんと連れて学校にいくことが望ましいという考え方のほうが主流となっています。?社会全体が、幼い子が慣れない妊娠や育児に苦労しているとみれば積極的にサポートしてみんなで子供を育てるための手助けをするべきといったポリシーを持つコミュニティであることが多いようです。