クリーニング屋の娘(M美さん)

クリーニング屋の娘(M美さん) 投稿者:就職活動中 投稿日:6月1日(木) 6時47分57秒

大学4年生現在就職活動中です。歩いて3分の近所のクリーニング屋に何度
かスーツとYシャツを出している内に、そこの娘のM美さん(26歳)とS美さ
ん(24歳)の姉妹と仲良くなり、店先でしゃべるようになりました。2人共
中々の美人で近所では評判でした。いつも店は姉妹が夕方までその後は両親
が店番をしていました。先日もスーツとYシャツをクリーニングに出して、
取りに行ったところ俺を見て2人でにやにやしていました。「こんなのがポ
ケットに入ってたわよ」と言って見せてきたのが風俗に行った時の名刺と割
引券でした。「もう、Hなんだから」「こんなとこ行ってたら就職できない
よ」とか言われてしまいました。「だって俺今彼女いないし、やっぱ男だか
ら溜まっちゃうでしょ?」と笑いながら言うと、M美さんが「風俗行く位な
ら私がしてあげよっか?お金は取るけどね」と笑いながら言ってきました。
S美さんも「私もいいわよ」と笑いながら言ってきました。「そんなにお金
ないですよ?」と答えると「じゃあ私でもS美でも1回1万円でいいわよ。
どうせこの店暇だし」と笑って言ってきました。本当にいいんですかと念を
押し、急いでアパートにお金を取りに行きました。慌てて取りに帰ったので
「早かったのね。でもあっちは早かったら駄目よ」と笑いながら言われまし
た。「じゃあ私とS美、どっちにする?」と聞いてきたので「最初はM美さ
んでお願いします」と言いました。店の奥のソファーの所へ連れて行かれ、
「じゃ始めよっか」と言ってGパンを脱がしていきなり咥えてくれました。
中々の舌使いに「我慢できない」と言っても離してくれず、口の中に出しち
ゃいました。なんとそれを飲んでくれました。お礼を言ってGパンを履こう
とすると、「まだでしょ?」と言ってM美さんが服を脱いで下着姿になりま
した。「今度は私の番。1回出しちゃった方が長持ちするでしょ?」とのこ
と。断る理由も無く、M美さんのCカップの胸を堪能し、最後は正常位でフ
ィニッシュさせてもらいました。1万円でまさかやらせてもらえるとは夢に
も思っていませんでした。S美さんとの話は次に書きます。文章がヘタクソ
ですみません。