うちの娘 6

この神社はめったに人が来ない場所です。
「今度うちに来てよ・・・。」
彼女が言いました。
「うん僕そろそろ帰らないと・・。」
「わかったじゃあね・・。」

服を着て急ぎます。
妹を迎えに行かなければなりません。

妹はぽつんと一人で待ってました。
私を見て駆け寄ってきました。

妹の立っていた場所が濡れています。
「おしっこ出ちゃったの?」
妹は困った顔でうなづきます。

私は妹のスカートを捲ります。
前は車が走っていて人通りもありました。
幼い性器が現れました。

スカートは無事でしたがその下のタンクトップはビショビショです。
制服とタンクトップを脱がせ直接着せそこを離れました。
妹に、寒いかと聞くと首を横に振ります。
家に着きシャワーを浴びて裸のまま遊ばせます。
飲み物が切れていたのを忘れてました。
自販機はすぐそこです。
小銭を持って玄関に行こうとすると妹が追いかけてきました。
「お兄ちゃんジュース買って来るから待ってて!」
妹は「ヤ・・。」と言い私の腕を離しません。
「じゃあハダカならいいけどどうする?」
妹は大きくうなづき玄関へ行き、靴を履きました。
スタスタ出て行きます。
誰にもあわずに帰ってきました。


二日後彼女の家に行きました。
古い家でした。
一人にしておけないので妹も連れて行きました。
「わぁカワイイ!入って・・。」
部屋にジュースとお菓子が用意されてます。
妹も彼女もワンピースです。
彼女は妹のワンピースの裾を持ち上げ、
「ホントになにもはいてない!」
と感心しています。

「お姉ちゃんもハダカになるから脱ぐ?」
妹は頷いて私を見ます。
お兄ちゃんいいの?と聞いてるのです。